力覚提示装置

開放特許情報番号
L2013000551
開放特許情報登録日
2013/4/10
最新更新日
2016/3/23

基本情報

出願番号 特願2011-166637
出願日 2011/7/29
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2013-030053
公開日 2013/2/7
登録番号 特許第5877478号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 力覚提示装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 力覚提示装置
目的 様々な道具に対応可能で、現実の動きに対応して道具を交換可能で、より現実感があり、機能性流体に直接、力をかけることができ、容易に繰り返し使用することができる力覚提示装置を提供する。
効果 様々な道具に対応可能で、現実の動きに対応して道具を交換可能で、より現実感があり、応答性が良く、容易に繰り返し使用することができる力覚提示装置を提供することができる。
機能性流体を生体軟組織などの対象物と想定し、機能性流体を術具などで実際に切断等したときの対象物の抵抗力を機能性流体で再現することにより、実際に対象物を切断等したときの力覚を正確に提示することができる。また、直接、機能性流体に力をかけることができるため、非常に高速な応答性を有し、より現実感を高めることができる。
技術概要
MR流体から成る機能性流体12が、表面または内部にかかる力に対して抵抗力をかけることができ、一部が開口した収納容器11の内部に収納されている。移動台15が、収納容器11を載せて、サーボモータ26により水平方向および垂直方向に移動可能に設けられている。制御手段が、機能性流体12に磁場をかけるための磁場発生部13を有し、あらかじめ測定された、切断器具で生体軟組織を切断したときの生体軟組織の抵抗力に応じて、磁場発生部13を制御して機能性流体12の抵抗力を制御するとともに、生体軟組織の粘弾性特性に応じて、サーボモータ26を制御して移動台15の動きを制御するようになっている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT