腹腔鏡手術支援用ロボット

開放特許情報番号
L2013000537
開放特許情報登録日
2013/4/9
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2009-020770
出願日 2009/1/30
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2010-172604
公開日 2010/8/12
登録番号 特許第5470636号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 腹腔鏡手術支援用ロボット
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 腹腔鏡手術支援用ロボット
目的 腹腔鏡手術において、手術における制限をより少なくする新規な腹腔鏡手術支援用ロボットを提供する。
効果 手術における制限をより少なくする新規な腹腔鏡手術支援用ロボットを提供することができる。
本発明は、腹腔鏡手術支援用ロボットとして、産業上の利用可能性がある。
技術概要
吸着部を有する第一のユニット及び第二のユニットと、
前記第一のユニットに接続される少なくとも三本のガイドワイヤと、
前記三本のガイドワイヤのそれぞれを覆い、前記第二のユニットに接続される少なくとも三本のガイドチューブと、を有する腹腔鏡手術支援用ロボット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT