粘膜ワクチンアジュバントのスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2013000525
開放特許情報登録日
2013/4/5
最新更新日
2015/11/12

基本情報

出願番号 特願2006-146012
出願日 2006/5/25
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2007-312682
公開日 2007/12/6
登録番号 特許第5164034号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 粘膜ワクチンアジュバントのスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 粘膜ワクチンアジュバントのスクリーニング方法
目的 経口や経鼻などの粘膜から投与し粘膜免疫を活性化することで粘膜面と生体内の二重のバリア機能が獲得できる粘膜ワクチンのアジュバントのスクリーニング方法等を提供する。
効果 サルモネラ菌等の有鞭毛細菌による全身性感染症などの細菌感染症に対する治療に優れた粘膜ワクチンアジュバントを得ることができる。
技術概要
TLR5をコードする内在性遺伝子の全部又は一部を遺伝子変異により不活性化し、TLR5を発現する機能を喪失させた非ヒト動物から単離されるCD11c↑+腸管粘膜固有層細胞(LPC)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT