サイクリンA−p27相互作用検出方法

開放特許情報番号
L2013000492
開放特許情報登録日
2013/4/3
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2008-270185
出願日 2008/10/20
出願人 学校法人東京農業大学
公開番号 特開2010-094110
公開日 2010/4/30
登録番号 特許第5476627号
特許権者 学校法人東京農業大学
発明の名称 サイクリンA−p27相互作用検出方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、材料・素材の製造
適用製品 p27とサイクリン−CDK(サイクリン依存性キナーゼ)との相互作用を生細胞内で簡便に検出・評価する方法
目的 p27とサイクリン-CDKとの相互作用を生細胞内で簡便に検出・評価する系を構築する。
効果 サイクリンA-p27相互作用の低下しているがん細胞を選別することが可能となる。さらにそのようながん細胞において、本発明を評価系として、相互作用を増強するような化合物をスクリーニングすることにより、抗がん剤の開発・評価への応用が可能となる。
技術概要
サイクリンA-YFP↓N融合タンパク質をコードする発現ベクター及びp27-YFP↓C融合タンパク質をコードする発現ベクターを細胞へ導入して形質転換細胞を作製するステップと、形質転換細胞を培養し、サイクリンA-YFP↓N融合タンパク質と、p27-YFP↓C融合タンパク質を生成させるステップと、サイクリン-サイクリン依存性キナーゼ複合体と、p27との相互作用を蛍光の有無で検出するステップと、を有するサイクリンA-p27相互作用検出方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT