記憶能力の減退に対する被検化合物のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2013000491
開放特許情報登録日
2013/4/3
最新更新日
2014/9/26

基本情報

出願番号 特願2009-077592
出願日 2009/3/26
出願人 学校法人東京農業大学
公開番号 特開2010-226996
公開日 2010/10/14
登録番号 特許第5569894号
特許権者 学校法人東京農業大学
発明の名称 記憶能力の減退に対する被検化合物のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)を利用した、記憶能力の減退に対する被検化合物のスクリーニング方法
目的 CaMKIVをターゲットとした、記憶能力の減退に対する被検化合物のスクリーニング方法を提供する。
効果 記憶能力の正の制御因子として働いているCaMKIVをターゲットとした、本発明のスクリーニング方法によれば、試験管レベル(in vitro)で新薬の効果を評価することができるため、新薬開発にかかる労力とコストの問題を解消することができる。
技術概要
(1)第1の蛍光物質で標識されたカルモジュリンと、第2の蛍光物質で標識されたCaMKIVと、前記被検化合物と、を溶液中で接触させ、第1の蛍光物質と、第2の蛍光物質との接近に基づく蛍光共鳴エネルギー移動による蛍光値を測定する、または、
(2)第1および第2の蛍光物質で標識されたCaMKIVと、前記被検化合物と、を溶液中で相互作用させ、CaMKIVの立体構造が変化することに基づく、第1の蛍光物質と第2の蛍光物質の蛍光共鳴エネルギー移動による蛍光値を測定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT