固定化担体を用いるエタノールの生産方法

開放特許情報番号
L2013000488
開放特許情報登録日
2013/4/3
最新更新日
2013/4/3

基本情報

出願番号 特願2009-180164
出願日 2009/7/31
出願人 学校法人東京農業大学
公開番号 特開2011-030504
公開日 2011/2/17
発明の名称 固定化担体を用いるエタノールの生産方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 エタノールの生産方法
目的 廃糖蜜のような処理が困難とされている発酵基質を用いた場合であっても効率よくエタノールを生産し得るエタノール生産技術を提供する。
また、バイオエタノール生産システムである固体発酵法を取り入れ、固定化担体に廃糖蜜を高濃度に吸着固定した固体状基質におけるエタノール固体発酵技術を提供する。
効果 処理が困難とされている高糖濃度の発酵基質を用いた場合であっても、高収率でエタノールを生産することができる。
また、廃棄物の発生を抑制することが可能になる。
さらに、固定化担体は糖化処理を行えばそれ自身発酵原料の基質にもなるため、廃棄物の発生をより効果的に抑制することができるとともに、より効率的にエタノールを生産することができる。
技術概要
固定化担体としてデンプンを主要構成糖とする食品を用い、該固定化担体に第1の発酵基質を吸着させて固体状基質を調製する固体状基質調製工程と、固体状基質に酵母を吸着させてエタノール発酵を行うエタノール発酵工程と、発酵終了後の固体状基質からエタノールを抽出するエタノール抽出工程と、エタノール抽出工程の後に得られた担体に第2の発酵基質及び酵母を吸着させてエタノール発酵を行う再発酵工程と、を有することを特徴とする、エタノールの生産方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT