太陽光反射を利用した地上への閃光装置及び方法

開放特許情報番号
L2013000455
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2016/10/7

基本情報

出願番号 特願2011-046467
出願日 2011/3/3
出願人 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2012-183855
公開日 2012/9/27
発明の名称 太陽光反射を利用した地上への閃光装置及び方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 人工衛星技術
目的 イリジウムフレア現象を積極的に利用して、低コストで、地上から観測できる閃光を発生させる人工衛星を提供する。
効果 イリジウムフレア現象を積極的に発生させて、地上の指定した位置から閃光を観測できるようにする。
エンターテイメント関連分野などにおいて、本発明に係る人工衛星による、地上から観測可能な閃光を利用することが可能である。例えば、結婚式、屋外イベント及びテーマパークにおいて、本発明を利用することができる。
技術概要
太陽光を地上に向けて反射させる反射鏡と、送受信機とを備える人工衛星であって、
前記送受信機は、太陽の位置、前記人工衛星の位置及び前記太陽光の反射光を当てる地上の照射点に基づいて、前記反射鏡の反射面の方向を定める情報を受信し、
前記人工衛星は、前記情報によって定められた方向に、前記反射鏡の反射面を向ける、
ことを特徴とする人工衛星。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT