亜音速半裁模型風洞試験における船台支持干渉修正法

開放特許情報番号
L2013000448
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2009-094076
出願日 2009/4/8
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2010-243400
公開日 2010/10/28
登録番号 特許第5354660号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 亜音速半裁模型風洞試験における船台支持干渉修正法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 半裁風洞試験法
目的 大型の開発風洞に容易に適用可能な船台を用いた半裁風洞試験において、船台支持干渉による半裁模型風洞試験データに与える影響を明らかにし、半裁模型のハーフスパンや船台の高さにかかわらず、船台による支持干渉を受けた半裁模型風洞試験データから、全機模型風洞試験データを推定する方法を提供する。
効果 半裁模型のハーフスパンや船台の高さにかかわらず、船台による支持干渉を受けた半裁模型風洞試験データから、全機模型風洞試験データを推定することができる。
有効アスペクト比から、修正する方法を提供するものであるから、この効果による影響を容易に修正することができる。
揚力傾斜が圧縮性による影響を受けた場合にも、線形理論のPrandtl-Glauert変換に基づいてこの影響を考慮して、船台支持干渉効果を修正する方法が採用されるので、精度の高い修正が可能である。
技術概要
本発明の船台支持干渉の影響を修正する方法は、風洞に容易に適用可能な船台を用いた半裁風洞試験において、得られた半裁模型試験データに含まれる干渉量を有効アスペクト比の増加率又は変化量に基づいて修正するものとした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT