高速回転体

開放特許情報番号
L2013000429
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2009-000609
出願日 2009/1/6
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2010-159773
公開日 2010/7/22
登録番号 特許第5239058号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 高速回転体
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 電力貯蔵システム用のフライホールや遠心分離機のローターなどに使用される高速回転体
目的 回転速度をこれまで以上に高速にすることができる高速回転体を提供する。
効果 繊維強化プラスチック円盤の内外径比を小さくすることができる。特に、内外径比を小さくすることができる効果は、径方向を強化することによる。
また、内外径比が小さくなることで、接合される金属回転軸の材料に固有の破壊周速を超えることがないようにすることが可能となる。
また、円筒座標系のZ方向を強化することで、内径側のボス部が金属回転軸を接合させたときに発生するZ方向応力やRZ面内のせん断応力に対する補強効果を与えることが可能となる。
電力貯蔵用フライホイール、ガスタービン、圧縮機、遠心分離機などの分野で使用される。
技術概要
強化繊維を径方向に配置する。径方向の強化により、繊維束のクラックを抑えるとともに、円盤の内外径比を小さくすることができる。また、円盤の内外径比が小さいので、ハブを介在させることなく円盤を回転軸に直接接合させる。さらに、Z方向を繊維で強化することにより、厚み変化に伴う応力への強化を行う。強化繊維は多次元強化円筒座標系のR、θ、Zの各方向に配向された円盤であり、その内外径比は小さい。円盤の内径側には円筒状のボスを有する形状とし、このボス部の外周側に回転軸を接合させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT