カラー標的用画像処理装置

開放特許情報番号
L2013000426
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2009-036767
出願日 2009/2/19
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2010-191794
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第5076100号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 カラー標的用画像処理装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 マニピュレータとの相互間の距離・姿勢を測定する技術、惑星面・衛星面や宇宙空間の宇宙機上で作業する宇宙用ロボットや、月・惑星探査機や有人往還機などの宇宙機を誘導制御するために用いられる計測装置に用いて好適な技術
目的 照明環境の変化や被写体に陰影があっても画像データの照度分布に大きな影響を及ぼさず、標的を正確に抽出する装置を提供する。
特に、カラー標的にあっては、宇宙空間を含む任意の環境下で色領域を安定して抽出する。
効果 異なる露出時間で標的部材を撮像して得られた複数の画像データから、色度座標系に基づく領域識別で特定色の領域データを抽出すると、それらの論理和演算を行って標的部材の1又は複数の色領域を特定する構成により、照明環境の変化や陰影が画像データの照度分布に影響を及ぼしたとしても、標的部材の色領域を高精度に抽出する装置を提供することができる。
技術概要
複数の色領域を有する標的部材を撮像する撮像手段と、前記撮像手段で撮影した画像データから前記標的部材の1又は複数の色領域の色画像データを抽出する画像処理手段とを備えたカラー標的用画像処理装置により、異なる露出時間で標的部材を撮像して得られた複数の画像データから、色度座標系に基づく領域識別で特定色の領域データを抽出すると、それらの論理和演算を行って標的部材の1又は複数の色領域を特定する構成により、照明環境の変化や陰影が画像データの照度分布に影響を及ぼしたとしても、標的部材の色領域を高精度に抽出する装置を提供することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT