航空機用排気ノズル

開放特許情報番号
L2013000420
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2009-074009
出願日 2009/3/25
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2010-223167
公開日 2010/10/7
登録番号 特許第5447920号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 航空機用排気ノズル
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 航空機用排気ノズル
目的 装置を大型化させずに離陸時の排気ジェット騒音を低減しつつ、高亜音速巡航時のエンジンの空気抵抗の増大を防止することが可能な航空機用排気ノズルを提供する。
効果 離陸時には、羽根車の下流において排気ジェット流とその周囲の外気流との速度差が小さくなり、排気ジェット騒音が好適に低減される。また、低速側羽根車のファン機能によって実効的なバイパス比が増大するため、離陸時における推力が増大し燃費も改善されることが期待される。
亜音速巡航時には、羽根車は排気ガスから仕事を吸収しなくなるため、実効的なバイパス比は小さくなり、推力不足に陥ることも無くなる。
航空機用排気ノズル及びファンダクトは、装置の大型化および重量増加を抑えながら排気ジェット騒音を好適に低減することが可能となる。
技術概要
コアノズル1の後端の外周方向に沿って、羽根車10を内側の排気ジェット流とその外側のバイパス流の双方の気流に跨って対向する形態で配設する。同様に、ファンダクト2の後端の外周方向に沿って、羽根車20を内側のバイパス流とその外側のバイパス流の双方の気流に跨って対向する形態で配設する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT