宇宙飛翔体用触媒分解式スラスタ

開放特許情報番号
L2013000417
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2009-076629
出願日 2009/3/26
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2010-229852
公開日 2010/10/14
登録番号 特許第5376132号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 宇宙飛翔体用触媒分解式スラスタ
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 宇宙飛翔体に用いられる一液推進系に好適に使用し得る、触媒分解式スラスタ
目的 一液推進系においてHAN系の液体推進薬を使用する場合であっても高い安全性と組立て容易性を得ることのできる、触媒分解式スラスタを提供する。
効果 燃焼器から推薬弁への熱伝導を防止することができ、液体推進薬の自己分解による爆発の危険性や、推薬弁の温度限界を逸脱することによる故障の可能性を有効に回避することができる。また、熱絶縁性の部材を加工して液体推進薬の流路を設ける際に、液体推進薬中の不純物や混入異物等により閉塞されにくい大きさの流路とすることができる。さらに、熱絶縁性の部材は大きさ、材質ともに取扱いや加工が容易であるため、触媒分解式スラスタの組立ても容易になる。
技術概要
液体推進薬を収容するための中空のタンクと、液体推進薬を分解させ、反応ガスを噴射する燃焼器と、タンクから前記燃焼器への前記液体推進薬の供給を制御する推薬弁とを備え、燃焼器はさらに、液体推進薬を触媒分解させるための触媒を有する触媒層と、触媒層を加熱するための加熱装置と、触媒層に対して液体推進薬を供給するインジェクタとを備え、インジェクタと前記推薬弁との間に、推薬弁から燃焼器への液体推進薬の流路を有する熱絶縁性の部材を設けた、宇宙飛翔体用触媒分解式スラスタ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT