測量器用光反射装置

開放特許情報番号
L2013000415
開放特許情報登録日
2013/3/22
最新更新日
2013/3/22

基本情報

出願番号 特願平11-115378
出願日 1999/4/22
出願人 今田商事株式会社
公開番号 特開2000-304538
公開日 2000/11/2
登録番号 特許第4293484号
特許権者 今田商事株式会社
発明の名称 測量器用光反射装置
技術分野 土木・建築、情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 光波測量器や光波を利用した移動体制御装置等の反射体
目的 異なる反射特性を持った反射体を同一軸上に組み合わせることで、光源から射出された光をコントロールすることのできる光反射装置を提供する。
効果 従来の三角測量・多角測量と異なり、三辺測量を進化させた多辺測量が可能とした球面鏡と平面鏡を同一軸上に組み合わせた光反射装置。
球面鏡と平面鏡を同一軸上に組み合わせたことで、移動体制御用反射体として活用できる光反射装置。
技術概要
意の角度において投光側から受けた光線の少なくても一部を該投光側に向けて反射する球面鏡と、投光側から受けた光線を所定方向に反射する指向性を有し、前記球面鏡を通る上下軸心を中心として回転可能であり、かつ前記上下軸心と直交する水平軸心を中心として回転可能とされた平面鏡を上下に配置し、平面反射器を上下軸心として回転させる縦軸回転装置と、水平軸心を中心として回転させる横軸回転装を設ける構成である。光源から射出された光を球面鏡で反射させ同一軸上の平面鏡と交代反射させ、次段の該光反射装置へ光をループさせ各辺をつなぐことが可能である。
上記光反射装置の平面鏡を、多角形に組み合わせ、球面鏡からの反射光にて移動体コントロ―ルをガイドし、多角形に組み合せた平面鏡からの反射光を得ることで、移動体の位置補正をしながらプログラム通り制御が可能となる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 

アピール情報

アピール内容 本発明の大きな特徴として、球面鏡と平面鏡を同一軸上に配置したことで360°方向から投光器から射出された光の一部を投光側へ反射させ、光反射装置設置点である計測点の位置確認および測距が出来、同一軸上の平面鏡と交代反射させ、投光器から射出された光を次段の光反射装置設置点へ光をル―プさせ球面鏡からの反射光を得れば、最初の測距数値から、この作業で得た値を減算すれば、光をル―プさせた計測点から最終計測点までの距離が算出と共に、総延長が求められる。この作業を順次繰り返し三辺測量の定義に基づき測量を行える。また、平面鏡が縦軸への回転機能も有しているので仰角の計測も可能である。光反射点の鉛直軸からのオフセット値は既知なので補正をすることができる。全ての計測点(光反射装置設置点)を光でつなぐことが可能であることから、例えば平面図形の各辺長および輪郭総延長距離を求め、完成した光経路を逆から投光することにより、更に高精度のデ―タを得ることができる。上記の光反射装置の平面鏡を多角形の鏡に置き換え、球面鏡からの反射光を得ながらあらかじめ設定多角形平面鏡柱より強い反射光を得られ、プログラムに準じた移動体コントロ―ルも可能である。このような可能性を秘めた測量用光反射装置を是非活用して頂きたい。

登録者情報

登録者名称 今田商事株式会社

事業化情報

質的条件
事業化実績 【無】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT