電気牧柵

開放特許情報番号
L2013000400
開放特許情報登録日
2013/3/19
最新更新日
2014/6/27

基本情報

出願番号 特願2012-220949
出願日 2012/10/3
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2014-073087
公開日 2014/4/24
発明の名称 電気牧柵
技術分野 食品・バイオ
機能 その他
適用製品 電気牧柵
目的 家畜に対し脱柵を抑制するための学習効果の作用を利用して、脱柵防止を効果的に図ることができる電気牧柵を提供する。
効果 本発明に係る電気牧柵によれば、鏡面に形成した面を放牧領域内に向けて導電板を設置し、導電板に接触する家畜に電気ショックを作用させることによって、放牧する家畜が導電線、導電板を回避するように学習させることができ、家畜の脱柵防止を効果的に図ることができる。
技術概要
本発明に係る電気牧柵は、家畜を放牧する領域に囲設した導電線10と、導電線10に電圧を印加する電圧印加部20と、導電線10により囲まれた放牧領域内に鏡面となる面を向け、導電線10に導通して取り付けられた導電板30とを備える。導電板30が鏡面性を備えることから、家畜の社会的探査行動を助長し、導電板に鼻等を接触させることにより電気刺激が強く作用し、柵を回避するという学習作用が早期に成立し、家畜の脱柵を防止する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT