管加工装置及び管加工方法

開放特許情報番号
L2013000387
開放特許情報登録日
2013/3/14
最新更新日
2014/12/18

基本情報

出願番号 特願2009-296183
出願日 2009/12/25
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2011-136345
公開日 2011/7/14
登録番号 特許第5636187号
特許権者 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 管加工装置及び管加工方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 管加工装置
目的 管材料の加工精度を高くすることができ、管部材の品質を向上させることができるようにする。
効果 管材料を引っ張る速度、又は加圧する速度を変化させることによって、管材料の縮径量又は拡径量を変化させることができる。したがって、複雑な形状の管部材を成形することができる。
管材料の加工精度を高くすることができ、管部材の品質を向上させることができる。
技術概要
管材料の一端を把持する第1の把持部材と、移動自在に配設され、管材料の他端を把持する第2の把持部材と、第1、第2の把持部材間に設定された管材料の加工領域の所定の箇所に配設され、管材料における環状の被加熱部を局部的に加熱するための加熱体と、第2の把持部材を移動させる移動処理手段と、第2の把持部材が移動させられる間に、加熱体を駆動し、被加熱部を加熱する加熱処理手段と、第2の把持部材の移動速度を変更する移動速度変更処理手段とを有する。管材料を引っ張る速度、又は加圧する速度を変化させるることによって、管材料の縮径量又は拡径量を変化させることができ、複雑な形状の管部材を成形することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT