見守りロボット、見守り方法、及び見守りプログラム

開放特許情報番号
L2013000379
開放特許情報登録日
2013/3/14
最新更新日
2014/5/21

基本情報

出願番号 特願2009-195044
出願日 2009/8/26
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2011-045460
公開日 2011/3/10
登録番号 特許第5504529号
特許権者 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 見守りロボット、見守り方法、及び見守りプログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 ユーザーを支援する見守りロボット、見守り方法、及び見守りプログラム
目的 受動的なセンサからのみならず、積極的にユーザーに働きかけることによって、ユーザーの状況や動作を把握することができるとともに、把握した状況や動作の認識の精度を高めることができる見守りロボット、見守り方法、及び見守りプログラムを提供する。
効果 受動的なセンサからのみならず、積極的にユーザーに働きかけることによって、ユーザーの状況や動作を把握することができるとともに、把握した状況や動作の認識の精度を高めることができる。
技術概要
見守りロボット10は、ユーザーの身体情報を取得するユーザー情報入力部13から取得した身体情報とユーザーの意思又は状態とを対応付ける一の基準を作成する基準作成部14を備え、基準作成部14は、取得した身体情報から意思又は状態を分析するユーザー認識部17と、ユーザー認識部17による分析結果をユーザーに確認して意思又は状態を形式化するルール生成部18と、ユーザーと同一又は類似する属性を有する他のユーザーの意思又は状態を表す他の基準を収集するルール収集部20と、他の基準の特徴を抽出して一の基準を修正するデータマイニング部21と、を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT