母乳におけるTh2アジュバント活性の評価方法、及び母乳がTh2アジュバント活性に起因する疾患を発症させる危険性の評価方法

開放特許情報番号
L2013000319
開放特許情報登録日
2013/3/4
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2009-109586
出願日 2009/4/28
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2010-252757
公開日 2010/11/11
登録番号 特許第5610417号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 母乳におけるTh2アジュバント活性の評価方法、及び母乳がTh2アジュバント活性に起因する疾患を発症させる危険性の評価方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出、食品・飲料の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 母乳が有するTh2アジュバント活性を評価する方法及び該評価、母乳がTh2アジュバント活性に起因する疾患を発症させる危険性を評価する方法
目的 母乳のTh細胞に対するアジュバント活性を簡便に評価する方法を提供する。
また、このような方法を確立することにより、母乳がアトピー性皮膚炎などの疾患を発症させる危険性を、簡便に評価する方法を提供する。
効果 母乳におけるTh2アジュバント活性を簡便に評価することが可能となった。これにより、将来乳児がアトピー性皮膚炎を発症する危険性の高い母乳を、特に、出産直後の母乳を検体として、簡便に検査し、同定することが可能となった。
これにより、母乳が、乳児に対して、アトピー性皮膚炎などのTh2アジュバント活性に起因する疾患を発症させる危険性の評価が可能となり、Th2アジュバント活性に起因する疾患の発症予防に貢献することができる。
技術概要
未熟樹状細胞を母乳で刺激し、該刺激により前記未熟樹状細胞から分化誘導された成熟樹状細胞を解析することにより、前記母乳が有するTh2アジュバント活性を評価することを特徴とする、母乳のTh2アジュバント活性の評価方法。
母乳のTh細胞に対するアジュバント活性を、母乳刺激による樹状細胞の分化誘導活性を指標に、簡便に評価できることを見出した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT