触診装置、寝台装置及びこれらを用いた腹診装置

開放特許情報番号
L2013000310
開放特許情報登録日
2013/3/4
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2009-131655
出願日 2009/5/30
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2010-274011
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5605534号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 触診装置、寝台装置及びこれらを用いた腹診装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 触診装置、寝台装置及びこれらを用いた腹診装置
目的 位置再現性を確保しつつ触診器具を自由に操作でき、患者に不安を与える虞の少ない定量的腹診装置、及びそれに用いられる触診装置、寝台装置を提供する。
効果 位置再現性を確保しつつ触診器具を自由に操作でき、患者に不安を与える虞の少ない定量的腹診装置、及びそれに用いられる触診装置、寝台装置を提供することができる。
技術概要
胸部支持部と下肢支持部とを有し、胸部支持部と下肢支持部との間に空間が形成されてなる寝台と、寝台を支持する複数の脚部と、を有する寝台装置と、垂直方向上方向からの加重を受ける触診部と、触診部の高さを調節する高さ調節部と、触診部を水平方向に移動させる水平方向移動部と、を有する触診装置と、を備え、触診装置は寝台装置下部に設けられ、触診部は、水平方向移動部及び高さ調節部が駆動することにより寝台装置の空間近傍において三次元的に移動可能である腹診装置とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT