排気ガス浄化フィルタの粒子状物質蓄積量計測装置

開放特許情報番号
L2013000287
開放特許情報登録日
2013/2/27
最新更新日
2016/11/25

基本情報

出願番号 特願2012-244288
出願日 2012/11/6
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-092122
公開日 2014/5/19
登録番号 特許第6004431号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 排気ガス浄化フィルタの粒子状物質蓄積量計測装置
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 粒子状物質蓄積量計測装置
目的 DPFに蓄積されたPMの捕集量を正確に評価することが可能である粒子状物質蓄積量計測装置を提供する。
効果 本発明の粒子状物質蓄積量計測装置によれば、DPFの再生頻度を必要最低限とすることで、燃費の向上に資することができる。また、DPFの外側に超音波発信器・超音波受信器を設けDPF本体を伝搬してきた超音波を検出する簡単な構成で正確なPM蓄積量を検出でき、さらに排気ガス雰囲気中にセンサ部分が存しないので劣化の恐れがなく、後付けによる計測も可能である。
技術概要
ディーゼルエンジンに装備される排気ガス浄化装置の粒子状物質蓄積量計測装置であって、排気管途中に接続した多孔質セラミックで構成されるDPFと、DPF外側等に設けられた超音波を伝搬させるための超音波発信器および超音波を受信するための超音波受信器と、超音波受信器の検出信号を処理する制御装置を備え、
前記制御装置はDPF本体内を伝搬した超音波の検出信号の減衰時定数からDPF内に蓄積されたPMの量を評価する粒子状物質蓄積量計測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT