4枚の滑り止板を連結し取付け容易

開放特許情報番号
L2013000261
開放特許情報登録日
2013/2/20
最新更新日
2013/9/26

基本情報

出願番号 特願2011-290471
出願日 2011/12/30
出願人 鈴木 勝
公開番号 特開2013-139197
公開日 2013/7/18
登録番号 特許第5017737号
特許権者 鈴木 勝
発明の名称 タイヤ滑り止装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 雪道におけるタイヤの滑り止装置で、着脱が簡単で、滑り止効果の大きい装置
目的 (1)滑り止部材のタイヤへの取付けに索条を用いず着脱を容易にする。
(2)滑り止部材は、タイヤ全周でそれぞれ連結し、移動を防止する。
(3)滑り止部材の路面との接合を確実にし、滑りを防止する。
(4) 4個の滑り止ユニットの固定張力は、タイヤ摩耗に応じ調整可能にする。
効果 従来品に比べ、下記の点が大幅に改善される。
(1)4個の滑り止ユニットは、連結板と掛け金式フックを用い、着脱作業の容易化。
(2)滑り止部材は、板材で構成される滑り止ユニットに一体化され、移動しない。
(3)滑り止部材は、板材で路面に向けて突出した歯を有し、路面との確実な接合。
(4)2個の掛け金調整式フックには、掛け金位置調整ねじを設け、寸法変化に対応。
技術概要
複数の滑り止部と連結部を略U字形に板材で一体形成した滑り止ユニットを、タイヤ外周に4個取付け、前記タイヤの内側で回転中心の左右対称位置にそれぞれの前記連結部を連結板で回転自在に連結し、前記タイヤの外側で回転中心の上下対称位置にそれぞれの前記連結部を掛け金式フックで連結し、前記4個の滑り止ユニットが全周で連結される様にしたことを特徴とするタイヤの滑り止装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 鈴木 勝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT