ベルトをシートバック横に保持し取出し

開放特許情報番号
L2013000258
開放特許情報登録日
2013/2/20
最新更新日
2013/2/20

基本情報

出願番号 特願2010-121030
出願日 2010/5/26
出願人 鈴木 勝
公開番号 特開2011-245975
公開日 2011/12/8
登録番号 特許第4775983号
特許権者 鈴木 勝
発明の名称 シートベルト取出し容易装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 車両用シートベルト装置
目的 乗員がシートバックの側面からシートベルトを容易に引き出せるようにすると共に、座席を前後に移動調整しても乗員とシートベルトの間の相対位置が変動せず、製造コストもシートベルトを保持するリボンリングを固定する部材のみで負担が少なく、景観的に違和感が生じない車両用シートベルト装置を提供する。
効果 (1)乗員は着座したまま手をシート側面に伸ばすのみでシートベルトを容易に引き出せる。
(2)シートベルトの視界内は対策前の状態と変化無く、景観的に違和感がない。
(3)座席を前後に移動調整しても、乗員とシートベルトの間の相対位置変動が無い。
(4)シートバックの窓側側面にシートベルトを固定するリボンリング固定部材のみでコスト負担が少ない。
技術概要
シートベルト5のアンカー固定部とスルータング7の間をシート2とシートバック接合部4の窓側側面付近に設けたシートベルト固定手段18によりシートベルトを固定し、シートベルトをアジャスタブルベルトアンカー6とアンカー固定部の間を乗員のシートバック窓側側面に迂回させ、乗員がシートバックの側面からシートベルトを容易に引き出せるようにすると共に、座席を前後に移動調整しても乗員とシートベルトの間の相対位置が変動せず、取扱容易で安全な車両用シートベルト装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 鈴木 勝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT