イメージセンサの出力補正装置

開放特許情報番号
L2013000226
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2002-167861
出願日 2002/5/2
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2003-323608
公開日 2003/11/14
登録番号 特許第3975396号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 イメージセンサの出力補正装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 イメージセンサの出力補正装置
目的 イメージセンサから出力する各画素のセンサ信号を表示領域に即するように補正して、ダイナミックレンジの広い特性をもったイメージセンサによる撮影画像を充分にいかしたコントラストの良い画像を画面に表示させることができるようにする。
効果 イメージセンサから出力する各画素のセンサ信号を、イメージセンサによる撮影画像を画面に写し出す表示領域に即するように補正することができ、ダイナミックレンジの広い特性をもったイメージセンサによる撮影画像を充分にいかしたコントラストの良い画像を画面に表示させることができる。
技術概要
イメージセンサによって撮影された画像を画面に写し出す表示領域におけるイメージセンサから出力する各画素のセンサ信号の最小値および最大値を検出する手段と、前記最小値の数フレーム分を記憶して平均化する第1のローパスフィルタと、前記最大値の数フレーム分を記憶して平均化する第2のローパスフィルタと、前記各画素のセンサ信号から前記平均化された最小値を減ずることによってセンサ信号のオフセットを行うオフセット手段と、前記平均化された最小値から最大値までの出力幅を求める減算回路と、前記求められたセンサ信号の出力幅を平均化する第3のローパスフィルタと、前記平均化されたセンサ信号の出力幅が表示領域における最大値または所定値になるようにゲイン補正値をテーブル設定するメモリと、前記オフセットされたセンサ信号に前記ゲイン補正値を乗ずることによってセンサ信号のゲイン調整を行う手段とによって構成されたイメージセンサの出力補正装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT