光センサ回路

開放特許情報番号
L2013000220
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/25

基本情報

出願番号 特願平11-174476
出願日 1999/5/18
出願人 本田技研工業株式会社、シチズン時計株式会社
公開番号 特開2000-329616
公開日 2000/11/30
登録番号 特許第3278716号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 光センサ回路
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光センサ回路
目的 光電変換素子のセンサ電流をMOSトランジスタを用いて弱反転状態で対数出力特性をもって電圧信号に変換するようにした光センサ回路を用いたイメージセンサで、光電変換素子の入射光量が少なくなると残像が生ずることがないようにする。
効果 センサ電流に急激な変化が生じても即座にそのときの入射光の光量に応じた電圧信号が得られるようにして、入射光の光量が少ない場合でも残像を生ずることがなくなる。
技術概要
光信号を検出して電気信号に変換する光電変換素子のセンサ電流をMOSトランジスタを用いて弱反転状態で対数出力特性をもって電圧信号に変換するようにした光センサ回路において、光信号を検出する際に前記MOSトランジスタのドレイン電圧を所定時間だけ定常値よりも低く設定して、ソース側に接続された光電変換素子の接合容量に蓄積された電荷を放電させて初期化する初期設定手段を設けたことを特徴とする光センサ回路。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT