光センサ回路

開放特許情報番号
L2013000215
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2002-571700
出願日 2002/3/1
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 WO2002/073956
公開日 2002/9/19
登録番号 特許第3861245号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 光センサ回路
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光センサ回路
目的 センサ電流に急激な変化が生じても即座にそのときの入射光量に応じた電圧信号が得られ、特に入射光量が少ない場合でも残像を生ずることがないようにする。
効果 入射光量が急激に減少しても即座にそのときの入射光の光量に応じた電圧信号が得られる。
ダイナミックレンジが広く、入射光量が少ない場合でも残像を生ずることがない品質の良い画像を得ることができる。
技術概要
入射光量に応じて光電変換素子に流れるセンサ電流を弱反転状態で対数特性をもって電圧信号に変換するMOS型トランジスタと、その電圧信号に応じて電荷を転送して出力させるCCDとによって構成された光センサ回路において、予め光電変換素子の寄生容量に残留する電荷を排出させる初期設定手段を設けたことを特徴とする光センサ回路。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT