溶接状況監視装置

開放特許情報番号
L2013000214
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2002-564084
出願日 2002/2/5
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 WO2002/064304
公開日 2002/8/22
登録番号 特許第4501101号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 溶接状況監視装置
技術分野 電気・電子、情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 溶接状況監視装置
目的 撮影した画像のデータを取り込んで溶接状況の判定行う画像処理手段を設ける。
効果 溶接中の溶接部位における輝度の高い領域からビード部分における輝度の低い領域までカバーした広いダイナミックレンジをもって撮影した画像から、溶接のまぶしい光のなかの溶接部位およびビード部分を充分なコントラストをもって明確に把握することができ、その撮影画像から溶接の良否の判定などを的確に行うことができるようになる。
技術概要
溶接中の作業部分をイメージセンサによって撮影した画像によって溶接状況を監視するようにした溶接状況監視装置において、イメージセンサの出力特性の変換テーブルを用いて、任意の輝度領域におけるイメージセンサの出力を強調してとり出す手段を設け、溶接中の溶接部位における輝度の高い領域のイメージセンサの出力およびビード部分における輝度の低い領域のイメージセンサの出力をそれぞれ強調してとり出して、イメージセンサによって撮影された画像における溶接中の溶接部位とビード部分とのコントラストを高めるとともに、前記溶接部位の輝度の高い領域と前記ビード部分における輝度の低い領域との間におけるイメージセンサの出力を一定に固定するようにしたことを特徴とする溶接状況監視装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT