画像処理装置

開放特許情報番号
L2013000213
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2002-553818
出願日 2001/11/9
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 WO2002/052843
公開日 2002/7/4
登録番号 特許第3861244号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 画像処理装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理装置
目的 ダイナミックレンジを拡大するために対数出力特性をもたせた光センサ回路を画素単位に用いたイメージセンサでは、非常に明るい部分から暗い部分までカバーした撮影が可能になる反面、輝度が対数圧縮されているためにコントラストを不足させない。
効果 ルックアップテーブル9を用いてイメージセンサ7の出力特性の変換を行わせることによって、対数出力特性をもたせることによってダイナミックレンジを拡大したイメージセンサ7によって撮影された画像のなかから、暗部(ハイライト部分)と明部(シャドウ部分)とのコントラストが強調された画像を得ることができる。
なお、その際、NDフィルターおよび絞りにより、コントラストを強調するレンジを適宜選択できるようにすることも可能である。
技術概要
イメージセンサによって撮影された画像における所定の輝度部分を強調する画像処理装置であって、イメージセンサの出力特性の変換テーブルを用いて、任意の複数の輝度領域におけるイメージセンサの出力を強調してとり出して、各輝度領域における画像部分のコントラストを高めるようにしたうえで、出力が強調される各輝度領域以外の輝度領域におけるイメージセンサの出力を零または一定値に固定するようにしたことを特徴とする画像処理装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT