光センサ回路

開放特許情報番号
L2013000211
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2005-351041
出願日 2005/12/5
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2007-158711
公開日 2007/6/21
登録番号 特許第4648830号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 光センサ回路
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光センサ回路
目的 CMOSインバータで光電流を増幅する光センサ回路においてCMOSインバータの入出力特性曲線のダイナミックレンジを拡大することができる光センサ回路を提供する。
効果 微弱光に対しては直線応答特性を使用し、強い光には対数変換の応答特性を使用し、増幅時にCMOSインバータの入出力特性曲線のダイナミックレンジを拡大することできる。
技術概要
光センサ回路10は、コンデンサCを含むフォトダイオードPDと、フォトダイオードの一方の電極に入力側が接続されるCMOSインバータPDと、CMOSインバータの入力端と出力端との接続または遮断を選択し、かつ遮断時にCMOSインバータの入力側電位での容量結合による変化方向を反対にするPMOS型スイッチングトランジスタ12と、画素選択用トランジスタ14と、PMOS型スイッチングトランジスタをオフする際のゲート電圧を、CMOSインバータの動作点電位とPMOS型スイッチングトランジスタのしきい値電圧との差分よりも大きい値に設定する電圧制御部13を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT