光センサ回路

開放特許情報番号
L2013000208
開放特許情報登録日
2013/2/8
最新更新日
2013/2/8

基本情報

出願番号 特願2005-206195
出願日 2005/7/14
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2007-028107
公開日 2007/2/1
登録番号 特許第4594179号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 光センサ回路
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光センサ回路
目的 光電変換素子で生じた光電流を変換して対数特性を有する電圧信号をサンプル・ホールド回路に正確に保持でき、かつサンプル・ホールド回路に迅速に充電できる光センサ回路を提供する。
効果 サンプル・ホールド回路での電荷の入出がなくなり、保持電圧を安定に保持することができる。またサンプル・ホールド回路にソースフォロア回路の構成を備えるようにしたため、サンプル・ホールド回路であるコンデンサに迅速に充電を行うことができる。
本発明は、撮像装置であるMOS型イメージセンサの1次元または2次元のイメージセンサを形成する光センサ回路(または画素)として利用される。
技術概要
この光センサ回路10は、コンデンサC1を有するフォトダイオードPDと、フォトダイオードからの電流信号を弱反転状態で対数特性を有する電圧信号に変換するMOS型トランジスタQ1と、コンデンサC1の端子電圧がゲートに供給されるMOS型トランジスタQ2と、MOS型トランジスタQ2のソースに接続され、サンプル・ホールド回路を形成するコンデンサC2と、同ソースに接続されるソースフォロア用MOS型トランジスタQ5と、コンデンサC2の端子電圧が駆動電圧としてゲートに供給されるMOS型トランジスタQ3と、このMOS型トランジスタQ3から出力される電圧信号を選択的に出力させるMOS型トランジスタQ4とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT