人工筋肉に用いられる筒状体及び当該筒状体を備える人工筋肉並びに筒状体の製造方法

開放特許情報番号
L2013000073
開放特許情報登録日
2013/1/16
最新更新日
2015/3/2

基本情報

出願番号 特願2011-040933
出願日 2011/2/25
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2012-176125
公開日 2012/9/13
登録番号 特許第5666944号
特許権者 学校法人 中央大学
発明の名称 人工筋肉に用いられる筒状体及び当該筒状体を備える人工筋肉並びに筒状体の製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策、制御・ソフトウェア
適用製品 内部に流体を供給することにより伸縮する筒状体及び人工筋肉
目的 人工筋肉として要求される十分な収縮量,耐久性を担保したまま、流体が供給された状態においても柔軟に湾曲することが可能な筒状体、当該筒状体を備えた人工筋肉、及び、筒状体の製造方法を提供する。
効果 高い収縮量を維持したまま、柔軟性に富んだ筒状体を得ることができ、また、、耐久性を向上させることができる。
高い収縮量を維持したまま、柔軟性に富んだ人工筋肉を得ることができ、軸方向に沿って厚さが均一な筒状体を得ることができる。
軸方向に沿って厚さが均一な筒状体を得ることができる。
繊維層の表面に液状のゴムを安定して定着させることができるとともに、残余のゴムを除去することにより厚さが均一な筒状体を得ることができる。
技術概要
弾性体からなり、軸方向において伸縮する蛇腹構造を有する筒部と、筒部に内包され、筒部の蛇腹における山と谷に沿って軸方向に延長する繊維層とを備えた態様とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT