複屈折位相整合波長変換デバイス及び当該デバイスの製造方法

開放特許情報番号
L2013000070
開放特許情報登録日
2013/1/16
最新更新日
2015/4/23

基本情報

出願番号 特願2011-045454
出願日 2011/3/2
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2012-181438
公開日 2012/9/20
登録番号 特許第5697145号
特許権者 学校法人 中央大学
発明の名称 複屈折位相整合波長変換デバイス及び当該デバイスの製造方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 レーザー光の波長を変換する波長変換デバイスとその製造方法、複屈折位相整合波長変換デバイス
目的 少ないプレート数で効率良くウォークオフを低減することのできる複屈折位相整合波長変換デバイスと、変換効率の高い複屈折位相整合波長変換デバイスを容易に製造する方法を提供する。
効果 少ないプレート数でウォークオフを効果的に低減することができるので、複屈折位相整合波長変換デバイスの生産性を向上させることができる。
また、プレート同士を常温接合したので、変換効率の高くかつ安定した性能を有する複屈折位相整合波長変換デバイスを容易に提供することができる。
技術概要
互いに接合され、結晶のc軸が厚さ方向に平行な面内において厚さ方向に対して傾く非線形光学結晶から成る複数のプレートを備え、複数のプレートの配置が互いに隣接するプレートのc軸の方向が接合面に対して面対称であり、複数のプレートにおけるレーザー光の入射側端部の入射側プレートと、レーザー光の高調波を出射する出射側端部の出射側プレートとの間に位置するプレートの厚さが同一であり、入射側プレート及び出射側プレートの厚さが、入射側プレートと出射側プレートとの間に位置するプレートの厚さの1/2である構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT