金コロイドおよびその製造方法

開放特許情報番号
L2012003607
開放特許情報登録日
2012/12/26
最新更新日
2015/12/22

基本情報

出願番号 特願2011-069776
出願日 2011/3/28
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2012-201959
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5828448号
特許権者 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 金コロイドの製造方法
技術分野 機械・加工、金属材料、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、材料・素材の製造
適用製品 金コロイドおよびその製造方法
目的 不純物をなるべく含まずに、粒径の揃ったナノサイズレベルの金微粒子を含有する金コロイドを、安全で環境に優しくかつ簡単な手法で得る製造方法を提供する。
効果 金コロイドあるいは金微粒子を安価に製造できる可能性がある。しかも従来の方法のような有害な金化合物や還元剤を用いないことから、安全で環境対応性に優れた手法で、金コロイドを製造することができる。また、粒径分布が狭く、他の金属や有機物などの混入、付着の恐れのない金コロイドを製造することができる。
電気・電子工業分野等での導電ペースト、触媒、およびセンサーなどの原材料などとして種々の産業分野において利用が可能である。特に、表面を有機物で保護されていない金コロイドは、金と直接反応させることが必要な系への適用に優れる。
技術概要
炭素原子を含まぬオキソ酸又はその塩、好ましくは硫酸、リン酸、過塩素酸、またはそれらのアルカリ金属塩、を含む水溶液中で金をアノード酸化し、前記金の表面に形成した酸化皮膜を水に浸漬して水中に金微粒子を分散させる、金コロイドの製造方法、ならびに当該製造方法により得られる平均粒子径が50nm以下の金コロイド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT