抗GAP43抗体

開放特許情報番号
L2012003592
開放特許情報登録日
2012/12/24
最新更新日
2017/7/26

基本情報

出願番号 特願2013-539717
出願日 2012/10/19
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 WO2013/058388
公開日 2013/4/25
登録番号 特許第6150395号
特許権者 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 GAP43の免疫学的分析方法及び当該方法を実行するためのキット、並びに成長円錐を検出するための試薬及び方法
技術分野 有機材料、食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 成長円錐を特異的に検出可能な抗体及びその利用
目的 成長円錐を特異的に検出できる抗体と、該抗体を利用する免疫学的分析方法とを提供する。
効果 成長円錐を特異的に検出できる抗体と、該抗体を利用する免疫学的分析方法とを提供でき、本発明の抗GAP43抗体と、該抗体を利用する免疫学的分析方法とは、神経の発生及び/又は再生を定量的に評価するのに有用である。
技術概要
配列番号13に示されるマウスGAP43のリン酸化されていない第89番目のスレオニン残基(T89)と、リン酸化された第89番目のスレオニン残基(pT89)とを識別でき、成長円錐を特異的に検出可能な抗GAP43抗体;前記マウスGAP43のリン酸化されていない第96番目のセリン残基(S96)と、リン酸化された第96番目のセリン残基(pS96)とを識別でき、成長円錐を特異的に検出可能な抗GAP43抗体;前記マウスGAP43のリン酸化されていない第172番目のスレオニン残基(T172)と、リン酸化された第172番目のスレオニン残基(pT172)とを識別でき、成長円錐を特異的に検出可能な抗GAP43抗体;これらの抗GAP43抗体を利用する免疫学的分析方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT