嚥下誘発具および嚥下誘発システム

開放特許情報番号
L2012003576
開放特許情報登録日
2012/12/24
最新更新日
2017/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-215595
出願日 2012/9/28
出願人 国立大学法人 新潟大学
公開番号 特開2014-068716
公開日 2014/4/21
登録番号 特許第6049010号
特許権者 国立大学法人 新潟大学
発明の名称 嚥下誘発具および嚥下誘発システム
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 嚥下障害の治療などに使用する嚥下誘発具および嚥下誘発システム
目的 人の鼻腔を経由して中咽頭または下咽頭まで、内視鏡や義歯床などの大型設備を用いなくとも、容易に挿入することができ、且つ先端電極を咽頭粘膜に簡単な操作で接触させることができる嚥下誘発具および嚥下誘発システムを提供する。
効果 内視鏡や義歯床などの大型設備を必要とせずに、人の鼻腔から食道へ、低負担で挿入することができる。先端電極が咽頭に接触するので、電気刺激を効率的に印加することができる。
人の中咽頭から下咽頭に向かって時間差を以って電気刺激を順次付与することができる。これによって、飲食物が咽頭を通過するときの刺激を疑似的に再現できる。
また、嚥下誘発に有効な薬剤の開発や、嚥下を円滑に実行できる飲食品の開発に必要な客観的指標を提示することができる。
技術概要
導電性線材13と、該導電性線材の遠位端に接続された先端電極14と、前記導電性線材を覆う電気絶縁性チューブ16とを有し、放置状態において概ね真っ直ぐで且つ人の鼻腔を経由して中咽頭または下咽頭まで挿入するときに弾性曲げ変形する嚥下誘発具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT