音波−スピン流変換素子

開放特許情報番号
L2012003538
開放特許情報登録日
2012/12/19
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2013-503548
出願日 2012/3/6
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2012/121230
公開日 2012/9/13
登録番号 特許第5907492号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 音波−スピン流変換素子
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 音波−スピン流変換素子
目的 新規なスピン流源を提供する。
効果 磁性体部材中でのマグノン−フォノン相互作用を利用することによって、新規なスピン流源を提供することができる。
技術概要
音波発生部材と、音波発生部材からの音波によりスピン流を発生する磁性体部材と、磁性体部材で発生したスピン流が注入される逆スピンホール効果部材と、磁性体部材の磁化方向を規制する磁場印加手段とを有する音波−スピン流変換素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT