燃料電池セパレータ及びその製造方法

開放特許情報番号
L2012003536
開放特許情報登録日
2012/12/19
最新更新日
2012/12/19

基本情報

出願番号 特願2010-123516
出願日 2010/5/28
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2011-249247
公開日 2011/12/8
発明の名称 燃料電池セパレータ及びその製造方法
技術分野 電気・電子、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 燃料電池セパレータ
目的 高信頼性を備え且つより安定的に長期間使用可能な燃料電池セパレータ及びその製造方法を提供する。
効果 燃料電池セパレータによれば、高信頼性で且つより安定的に長期間使用可能であるという優れた効果を奏する。
燃料電池セパレータの製造方法によれば、基材上にアモルファス合金層を堆積する工程によって製造するので、高信頼性且つより安定的に長期間使用可能な燃料電池セパレータを容易に製造することができる。
技術概要
燃料電池セパレータ1は、基材3と基材3上に形成されるアモルファス合金層5とを備えたことを特徴とする。基材3は、金属又は導電性樹脂からなる。導電性樹脂は導電性プラスチックでもよい。アモルファス合金層5は積層された膜からなり、主成分は、ニッケル、鉄、クロム及びコバルトの何れかである。アモルファス合金層5の材料は、3つ以上の元素からなる金属ガラスでもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT