新規胆道癌バイオマーカー

開放特許情報番号
L2012003533
開放特許情報登録日
2012/12/19
最新更新日
2015/6/18

基本情報

出願番号 特願2011-107624
出願日 2011/5/12
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2012-237685
公開日 2012/12/6
登録番号 特許第5736947号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 新規胆道癌バイオマーカー
技術分野 情報・通信、有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 胆道組織における胆道癌の有無を判定する方法や、該方法に用いるための胆道癌マーカー
目的 胆道癌を特異的に検出するための方法等の胆道癌マーカーの使用方法を提供する。
効果 胆道癌の早期診断を行うことや、胆道癌の進行度を判定することが可能となり、胆道癌の治療を行う上で極めて有用な情報を提供することができる。
技術概要
ステージI及びIVの胆道癌組織、及び対象となる非癌部胆道組織から、タンパク質を抽出して可溶化し、LC/MS/MSにより、それぞれの組織において発現するタンパク質を同定した。次に、スペクトラム・カウンティング解析により、胆道癌組織において発現が増加する160種類のタンパク質を同定し、さらに、遺伝子オントロジー解析により、上記160種類のタンパク質の中から、77種類のタンパク質を胆道癌マーカータンパク質候補として選択した。上記77種類のタンパク質と、これまでの報告から胆道癌マーカー候補と考えられる17種類のタンパク質とを、SRM法により定量し、最終的に、35種類の胆道癌マーカータンパク質を同定した。これらの胆道癌マーカータンパク質を用いることによって、胆道癌を特異的に検出することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT