信号処理装置、信号処理プログラム及び信号処理プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

開放特許情報番号
L2012003530
開放特許情報登録日
2012/12/19
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2012-524581
出願日 2011/7/13
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2012/008500
公開日 2012/1/19
登録番号 特許第5797197号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 信号処理装置、信号処理プログラム及び信号処理プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 信号処理装置、信号処理プログラム及び信号処理プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
目的 金属性マーカを刺入することなく安全かつ低負担で、患部などの対象部分の位置,形状及び大きさなどを高精度に計測(推定)する、放射線治療において、患部への正確な放射線照射を可能とする。
効果 患部などの対象部分の位置,形状及び大きさなどを高精度に計測(推定)することが可能となる。
また、金属性マーカを刺入することなく安全かつ低負担で、患部などの対象部分の位置,形状及び大きさなどを高精度に計測(推定)することが可能となる。
さらに、放射線治療において、患部への正確な放射線照射を可能とすることが可能となる。
技術概要
対象部分と前記対象部分とは異なる背景部分との透過的な重ね合わせにより表現される透視画像を処理する信号処理装置であって、
複数の時刻について、前記対象部分を含む前記透視画像を取得する透視画像取得部と、前記複数の時刻のうちのある時刻tにおける前記対象部分に起因する前記透視画像の成分及び前記背景部分に起因する前記透視画像の成分を、前記複数の時刻における前記対象部分及び前記背景部分の分布情報の推定値と関連づけて計算し、前記複数の時刻における前記透視画像との整合性を評価する計算部と、前記計算部の評価結果に基づいて、前記時刻tにおける前記対象部分又は前記背景部分の分布情報の推定値を更新する更新部と、を備えることを特徴とする信号処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT