粒子分別装置および粒子分別方法

開放特許情報番号
L2012003466
開放特許情報登録日
2012/12/13
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-198961
出願日 2012/9/10
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-252510
公開日 2013/12/19
登録番号 特許第6057251号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 粒子分別装置および粒子分別方法
技術分野 機械・加工、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 粒子分別装置および粒子分別方法
目的 粒子に大きなストレスをかけずに、短時間で粒子を分別することができ、分別した粒子を容易に回収することができる粒子分別装置および粒子分別方法を提供する。
効果 密度の差に従って粒子群が重力方向に異なる挙動を示すため、粒子径(サイズ)が同じであっても、異なる密度を有する粒子群を分別し回収することができる。従って、粒子に重力負荷等の大きなストレスをかけずに、短時間で粒子群を容易に分別することができ、分別した粒子群を容易に回収することができる。
技術概要
粒子分別装置は、一定方向に分別液が流れる分別流路3と、分別流路3の分別液が流れる方向の少なくとも末端に接続された分岐部4と、分岐部4から上方向に向かって形成された第1流路5と、分岐部4から下方向に向かって形成された第2流路7と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT