起立して浮くことが出来る中空箸

開放特許情報番号
L2012003358
開放特許情報登録日
2012/11/29
最新更新日
2012/12/11

基本情報

出願番号 特願2009-036352
出願日 2009/2/19
出願人 木村 祐美恵
公開番号 特開2010-187968
公開日 2010/9/2
発明の名称 起立して浮くことが出来る中空箸
技術分野 生活・文化、その他
機能 洗浄・除去
適用製品
目的 水に直立して浮く特性を利用することで、食堂などの大量の箸の超音波洗浄を可能し、向きをそろえる手間も省き、洗浄作業の効率を上げる。
効果 洗浄作業効率アップは勿論、箸先端への集中超音波洗浄と手を使わずに洗浄できることで熱湯が使用可能になり衛生面での効果と洗剤使用量削減によるコスト削減及び環境改善効果が確認された。
技術概要
 
内部に空洞を有す中空箸において、持ち手側に空洞を形成することで、該箸の重心より浮力の中心を持ち手側とし、水中では起立した状態で浮くことが出来ることを特徴とする中空箸。
実施実績 【有】  【ウク】の商品名でチタン製中空箸として販売中。
許諾実績 【有】  2013年3月までライセンス契約中。
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 話し合いにより決定。

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 洗浄効率アップと洗剤消費量削減によるコスト削減。
改善効果2 箸先端への集中超音波洗浄と熱湯殺菌洗浄による衛生面の改善。
改善効果3 重心バランスによる箸本来の使い心地の改善。
アピール内容 チタン製中空構造箸で品質・機能(アイデア)・デザイン性が認められ、幾つかの著名デザイン賞を受賞、好評を得た。今後はプラスチック製などの低価格製品(業務用)の開発により多くの需要と大量販売が可能と想像される。
出展実績 フランクフルト及びミラノサローネ展示会・感性価値デザイン展・グッドデザイン展・アジアデザインアワード展など。

登録者情報

登録者名称 木村 幸四郎

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
サンプルの開示 【有】
サンプル1 商品サンプル

事業化情報

質的条件
追加開発 【要】プラスチック製の低価格商品(業務用)の開発。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT