微量水分発生装置及び微量水分発生方法

開放特許情報番号
L2012003318
開放特許情報登録日
2012/11/27
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-176057
出願日 2012/8/8
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2014-035244
公開日 2014/2/24
登録番号 特許第6052661号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 微量水分発生装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 微量水分発生装置及び微量水分発生方法
目的 水分濃度調整範囲が広く、短時間で水分濃度を変化させるのが容易で、長期にわたる連続的な加湿が容易な微量水分発生装置及び微量水分発生方法を提供する。
効果 流出する加湿対象ガスの水分濃度を制御することができる。従って、水分濃度調整範囲が広く、短時間で水分濃度を変化させるのが容易となる。また、比較的小型で構造が単純であるため安価となる。
また、長期にわたる連続的な加湿が容易となる。さらに、水格納容器の水に加湿対象ガスまたは加湿対象ガスに混入が許容されるガスを供給してバブリングするバブリングガス供給管を備えているため、混入することが望ましくないガスが加湿対象ガスに混入することを防止することが容易となる。
技術概要
流入管21から加湿対象ガスを流入させ、流出管22から加湿対象ガスを流出させると、加湿対象ガス流通管3の内周面32を加湿対象ガスが流通する際に、加湿対象ガス流通管3の外周面31から内周面32に水分子が透過して浸透する。その結果、加湿対象ガスに水分子が供給されて、加湿対象ガスが加湿される。加湿対象ガスが加湿対象ガス流通管3の内周面32と接触する面積の大小によって、流出する加湿対象ガスの水分濃度を制御することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT