高効率の溶融塩電解装置及び方法

開放特許情報番号
L2012003290
開放特許情報登録日
2012/11/22
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-168703
出願日 2012/7/30
出願人 旭硝子株式会社、株式会社キノテック・ソーラーエナジー
公開番号 特開2014-025134
公開日 2014/2/6
登録番号 特許第6053370号
特許権者 旭硝子株式会社、株式会社キノテック・ソーラーエナジー
発明の名称 溶融塩電解装置及び方法
技術分野 無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属塩化物から金属及び塩素を製造する溶融塩電解装置及び電解方法
目的 電流効率に優れ、電力原単位の向上したコンパクトな溶融塩電解装置及びその運転方法を提供する。
効果 電極間隔を狭めて溶融塩の液抵抗による発熱を抑制することができると共に、電解電流効率の悪化や電解電圧の上昇を抑制して電解時の電力原単位を向上することができる。
技術概要
 
特殊な電極形状により、電解生成ガスと電解生成金属との再結合による逆反応を抑制する。
また、この電極形状により、電解生成ガスと電解生成金属の電極間での移動が速く、電流効率を向上できる。
更に、狭い電極間隔であるため装置を小型化でき、コンパクトで電力効率に優れた溶融塩電解装置となる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 

アピール情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 第4557565号
登録番号2 第4977137号
登録番号3 CN894773
登録番号4 KR1060208
登録番号5 EP07768172.1
その他 6件以上 【有】
関連特許
国内 【有】
国外 【有】  中華人民共和国、大韓民国、欧州特許庁
試作品評価 【否】
Copyright © 2017 INPIT