装飾具及び装飾具用取付具

開放特許情報番号
L2012003264
開放特許情報登録日
2012/11/15
最新更新日
2012/11/15

基本情報

出願番号 特願2005-317960
出願日 2005/11/1
出願人 南村 弘子
公開番号 特開2006-314765
公開日 2006/11/24
登録番号 特許第4909566号
特許権者 南村 弘子
発明の名称 装飾具及び装飾具用取付具
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 コサージュ、髪飾り、首飾り、ブレスレット、帯留め等のアクセサリ、及びアクセサリ用取付具
目的 自重によって左右方向にぐらついたり下方向に傾いたりすることなく、衣服などに対して安定的に取り付けることができる装飾具及び装飾具用取付具の提供、及び装飾具本体の装飾性を容易に変更することができ、例えば衣服や他のアクセサリなどに応じたコーディネートを容易に行うことができる装飾具及び装飾具用取具の提供。
効果 衣服などに止めた際に、装飾具本体が左右方向にぐらついたり下方向に傾いたりすることがなく、装飾具により衣服などを装飾する際の高い装飾性を維持できる。また、従来のように取付用ピンのみでは安定的に取り付けることのできなかった左右非対な装飾具等であっても、安定的に取り付けることができる。更に、装飾具を例えば首飾り、ブレスレット又は髪飾りなどとして用いることができ、種々の用途に対応することができる。取付枠体に副装飾具を取り付けることで、装飾性を更に高めることができる。
技術概要
装飾具又は装飾具用取付具は、装飾具本体が取り付けられる取付枠体を備える。取付枠体は少なくとも相互に上下方向に接続された第1及び第2枠部を有し、第1枠部の上横部に取付用ピンが取り付けられ、第1及び第2枠部を接続する中間接続横部に装飾具本体が取り付けられる。取付枠体に取付用紐やヘアピンなどを取り付ければ、首飾りやブレスレット、又は髪飾りなどとしても用いることができる。取付枠体を例えば星形や花形とすれば、取付枠体自体に装飾性を持たせることができる。副装飾具の支持フレームを取付枠体に着脱自在に取り付けることで、装飾具本体の装飾性を用意に高めることができる。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容  そもそもは、母が習っていたカラオケ教室のステージ発表会用にコサージュを考案したのが始まりです。従来のコサージュは、造花に安全ピンが取り付けられただけの構造になっているため、重みで下を向いてしまったり、左右に揺れてしまったり、見栄えが悪いという問題がありました。
 これに対し本製品では、概略イメージに示すように、面積の広い枠を用いていますので、枠が身体にフィットして安定し、重みで造花が下を向いたり揺れてしまうことがありません。従って、例えばボリュームのあるステージ用の装飾品として用いた場合や、社交ダンスのように激しい動き伴うシーンで用いられた場合でも、身体にしっかりとフィットし、見栄えを損ねることがありません。また、枠に補助のコサージュピンを取り付けることで、安定感をより高めることもできます。
 更に、概略イメージに示すように、枠自体をデザイン化して、例えば花形や星型等にすれば、枠自体もおしゃれにできますし、このような枠には副装飾具(リボンや羽根等)を取り付けることができますので、デザインの変化やボリュームの変化を楽しむことができます。概略イメージの例では、造花を3つとリボンを1つ組み合わせて、ボリューム感のあるコサージュにしています。造花は枠に絡ませるだけ、リボンは枠に結び付けるだけでいいので、簡単にアレンジでき、取り外しも容易で、何度でも使い回すことができます。
 また、副装飾具だけでなく、紐やチェーン、帯締め、ヘアピン等を取り付ければ、衣服に取り付けるコサージュとしてだけではなく、ネックレスやブレスレット、帯留め、髪飾り等として用いることもでき、様々な用途に利用できます。
 小売はもとより、ステージ用のレンタル品として如何でしょうか。
 また、金具だけの取り扱いも可能ですので、装飾品の部品として、手芸店や手芸教室における取扱商品として如何でしょうか。

登録者情報

登録者名称 南村 弘子

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT