構造解析方法および構造解析システム

開放特許情報番号
L2012003252
開放特許情報登録日
2012/11/12
最新更新日
2014/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-193866
出願日 2010/8/31
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2012-052846
公開日 2012/3/15
登録番号 特許第5594770号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 構造解析方法および構造解析システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 構造解析方法および構造解析システム
目的 数ナノメートルの空間分解能を有し、短時間で容易に測定を行うことができる構造解析方法および構造解析システムを提供する。
効果 数ナノメートルの空間分解能を有し、短時間で容易に測定を行うことができる構造解析方法および構造解析システムを提供することができる。
本発明の実施の形態の構造解析方法および構造解析システムは、数ナノメートルの空間分解能で測定対象1の構造を評価することができる。また、室温で、1箇所1秒で測定することも可能である。
技術概要
測定対象1の表面に、半径が5nm以下の銀微粒子から成る金属微粒子11を吸着させる。走査型トンネル顕微鏡(STM)から成る照射手段12により、その金属微粒子11にトンネル電子を照射する。電子の照射により放出される光の発光スペクトルを、分光器から成る検出手段13により検出する。解析手段14により、検出された発光スペクトルに基づいて、金属微粒子11の近傍における測定対象の格子振動を抽出する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT