掃流効果を活用して満砂、防災寿命を向上させた「堆砂抑制砂防堰」

開放特許情報番号
L2012003240 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2012/11/9
最新更新日
2016/11/2

基本情報

出願番号 特願2011-051762
出願日 2011/3/9
出願人 井上 虎男
公開番号 特開2012-188829
公開日 2012/10/4
登録番号 特許第5737675号
特許権者 井上 虎男
発明の名称 砂防堰
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 砂防堰、砂防ダム、砂防堰堤。
目的  満砂しやすい非透過形砂防堰(砂防ダム)の水抜き孔の閉塞を無くして、土砂分を自然に流下させることで、土石流の受容回数を増やし防災寿命を向上させると共に、下流河川、海浜環境を保護する。
効果 @ 非透過形砂防堰(砂防ダム)の満砂期間が延びて防災寿命が向上する。
A スリット型砂防堰に比し、通過礫サイズを調整しやすい。
B 受止めた土石流土砂を自然な形で流下させるために、防災機能が向上する。
C 土石流土砂を自然な形で流下させるために、下流河川、海浜環境の維持改善ができる。
D 砂防堰設置渓流の水生生物往来を維持する砂防堰とすることができる。
E 流木によるトラブルがない。
技術概要
 堅牢で確実に土石流を受容できる非透過形砂防堰の弱点は、堰堤底部に設けた水抜き孔が詰まり易いことである。
 その水抜き孔の堰内側直上部に、堰壁面側の両側にスリット状の縦方向吸水口を開口させた煙突状水路を堰堤高さ設け、同水抜き孔の前面には上流方向に向けた、側壁面基部両側にスリット状吸水口を開口させたトンネル水路を一定長さ敷設する。
 豪雨、土石流の発生流入により砂防堰はすぐに満水し、礫土の多くは堰内に沈降して堆積するけれども、濁水は煙突状水路とトンネル水路のスリット状吸水口から流出し、水抜き孔から堰外に放流される。
 堰内に残った堆積泥土や小さな礫石は、以降の通水や降雨が堆積泥土の表面を流れて、煙突状水路の堆積面高さの吸水口から流勢を保って流出する掃流効果や、トンネル水路に流出する礫間浸透水によって流出を続け、砂防堰内の堆積量を低減させて次の土石流に備えることが出来る。
イメージ図
実施実績 【試作】  原理は現生産中の「うまりポンプ」の技術を応用したものです。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】相談
希望譲渡先(国内) 【可】総合建設業、コンクリート2次製品メーカー
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 相談
対価条件(一時金) 【要】相談
対価条件(ランニング) 【要】相談
希望譲渡先(国内) 【可】総合建設業、コンクリート2次製品メーカー

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 砂防堰を新設する回数を格段に減らせる。
改善効果2 砂防堰の防災寿命を延ばせる。
改善効果3 砂防堰設置による水性生物環境の分断を緩和でき、下流河川や海浜の生物環境を維持、改善できる。
アピール内容  地球温暖化による気象現象は、過激と云える程に変化が激しく、集中豪雨、土石流災害が多発するようになり、土石流対策の唯一の防災手段である砂防堰も、たった1回の土石流で満砂してしまうニュースさえ見受けるように成りました。
 昔から”埋まれば次を作れば良い!”と言われて、実に多くの砂防堰が作られて来ましたが、その良き時代はいつまで続くのでしょうか。又、”砂防堰は満砂しても土石流を受け止められる!”との理由付けも見受けられますが、満差した砂防堰が受け止められる土石流は、それまでの最大土石流の終末期の土砂量までであり、破壊力の強い土石流初期の礫石を受け止められる理由は見付けられません、土石流は次の砂防堰が出来るまで待ってはくれません。
 本件「堆砂抑制砂防堰」は、満砂後の砂防堰上で繰り返される、溜まった土砂を土石流後の流水や降雨で流下させる掃流現象を、砂防堰築造初期から発生させて、砂防堰内土砂分を流出しやすくして、大きな礫石分を残して堆積させることで、堆積量の低減だけでなく、浸透水による排砂効果も高まり、砂防堰満砂までの防災寿命を格段に延長する、既設、新設砂防堰に付加する形で設置できるシンプルな構成のシステムです。
出展実績 ユーチューブ公開中:検索 ”トライポンプ技研””砂防堰”。

登録者情報

登録者名称 井上 虎男

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
図面の開示 【有】
図面1 方案図/企画図
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 相談
サンプルの開示 【有】
サンプル1 モデル試験装置。
その他の開示 【有】
その他1 数種砂防堰の比較試験記録動画。
技術指導 【可】
期間 相談
技術指導料 【 】相談。
コンサルティング 【可】
期間 相談
コンサルティング料 【 】相談。

事業化情報

質的条件
追加開発 【要】開発企業グループによる実施実験開発が望ましいと思われます。

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 3895505
登録番号2 特願2012−022018
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
追加情報  4種類の砂防堰を比較試験を行い、4件をユーチューブに公開しております、ユーチューブ検索→”トライポンプ技研”OR”砂防堰”。
Copyright © 2017 INPIT