3次元形状生成装置

開放特許情報番号
L2012003223
開放特許情報登録日
2012/11/8
最新更新日
2012/11/8

基本情報

出願番号 特願2008-293090
出願日 2008/11/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-121945
公開日 2010/6/3
登録番号 特許第5068732号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 3次元形状生成装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 被写体の多視点画像から3次元形状モデルを生成する3次元形状生成装置
目的 被写体の薄い部分が良好に再現されると共に視体積交差法を適用して得られる3次元形状を大きく崩すことなく被写体の3次元形状を良好に再現する3次元形状生成装置を提供する。
効果 最大フロー/最小カットアルゴリズムを適用しても被写体の薄い部分が切り離される不具合が解消され、再現性に優れた3次元形状生成装置が実現される。
視体積交差法を適用することにより得られる初期形状を大きく崩すことなく、被写体の3次元形状を再現することができる。
技術概要
多視点カメラ画像からシルエット画像を生成する手段2と、生成されたシルエット画像について視体積交差法を適用し、被写体の近似された3次元形状モデルである各種ソリッドモデルを生成する手段3と、カメラ画像間の相互相関値を演算する手段30と、生成されたソリッドモデルについて相互相関値を用いて最大フロー/最小カットアルゴリズムを適用して被写体の3次元形状モデルを生成する手段40とを具える。さらに、シルエット画像とソリッドモデルとに基づいてシルエット拘束値を生成する手段10から出力される値を用いて相互相関値に対して重み付けを行い、重み付けされた相互相関値を用いて最大フロー/最小カット演算を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT