沈殿物が堆積しない伏越管(アンダーパス水路)

開放特許情報番号
L2012003201 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2012/11/5
最新更新日
2014/9/30

基本情報

出願番号 特願2010-173991
出願日 2010/7/13
出願人 井上 虎男
公開番号 特開2012-021383
公開日 2012/2/2
登録番号 特許第5577482号
特許権者 井上 虎男
発明の名称 伏越管
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策、洗浄・除去
適用製品 下水道、灌漑用水路等の伏越管(アンダーパス水路)
目的 水路が道路や河川、鉄道線路等を越すために、一旦深くもぐり立ち上がり流下させるための伏越管(アンダーパス)の最深部に堆積しやすい沈殿物を、堆積しないように流出させる。
効果 下水道の伏越管において、晴天平常時の水量変化での堆積防止が行いやすくなり、中小雨量時に主伏越管内に堆積しやすい沈殿物も小管内に導入して排除できるようになり、豪雨時の急速大流量に備えることができる。
技術概要
主伏越管内に、平常時水量変化に耐える大きさの小伏越管を備えた、二重伏越管方式を採用し、流入側立小伏越管途中に主管側に漏出する流出孔を設けると共に、深部水平部の小伏越管終末部の両側壁下半に、スリット状の流入孔を設けて、主管内水及び沈殿物を流入させる。
 長期間晴天平常時水量での沈殿物排除が困難な乾期水量状態の場合は、圧縮空気を用いてエアーリフト方式で、一定時間の小伏越管内流速(通水量)の増大を行い、小伏越管内及び主伏越管内の沈殿物排除を行う。
イメージ図
実施実績 【有】  現在生産中の「うまりポンプ」の原理を応用した技術です。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】相談
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 相談
対価条件(一時金) 【要】相談
対価条件(ランニング) 【要】相談

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 日常的に、自然に沈殿物を排除して豪雨時に備えられる。
改善効果2 既設伏越管への応用改修が容易である。
改善効果3 現在の先端技術伏越管のような複雑制御を要せず、シンプルローコストである。
アピール内容 現在の先端的伏越管とされるものは、沈殿物の排除に非常に複雑な構成と高度な制御が採用され、その分意外なトラブルが発生しているように思われます、その点本件技術は独創的技術でシンプル構成、シンプル制御で安心、安全を提供します。

登録者情報

登録者名称 井上 虎男

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
図面の開示 【有】
図面1 方案図/企画図
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 相談
サンプルの開示 【有】
サンプル1 有償でのモデル試験装置の製造可。
技術指導 【可】
期間 相談
技術指導料 【 】揚泥技術に関して。
コンサルティング 【可】
期間 相談
コンサルティング料 【 】企画打合せ相談は可。

事業化情報

質的条件
追加開発 【要】公団、財団、或いは、開発企業グループによる実施実験開発が必要と思われます。

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 3895505
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT