小動物用の脳測定用電極ユニットとそれを用いた測定システム

開放特許情報番号
L2012003192
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-511709
出願日 2011/4/21
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2011/132756
公開日 2011/10/27
登録番号 特許第5843201号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 小動物用の脳測定用電極ユニットとそれを用いた測定システム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 小動物用の脳測定用電極ユニットと、それを用いた測定システム
目的 小動物の限られた脳表空間から最大限のEEG信号を検出するために、小動物用の脳測定用電極ユニットと、これを用いた測定システムを提供する。
効果 電極の金属部分の面積を必要最小限に抑えることができ、脳波測定用の電極を容易に多電極化することができる。
小動物の脳波測定のみならず、MRI測定、f−MRI測定、心電図測定(ECG測定)、近赤外分光法による測定、皮質内測定との同時測定が可能となる。
技術概要
 
小動物の頭皮又は脳表面に被覆され複数の貫通孔を有する基部と、複数の電極とを備え、複数の電極のそれぞれは、複数の貫通孔のそれぞれに挿入され、複数の電極のそれぞれは、絶縁性の管と、該管内に設けられる電極部と、該電極部に接続されて外部に脳波信号を取り出す引き出し用導線と、管内に充填されるペーストと、を備え、管は頭皮又は脳表面に対して起立するよう貫通孔に取り付けられ、電極部は線状に形成されて頭皮又は脳表面に対して起立するように管内に充填されたペースト内に設けられていることを特徴とする、小動物用の脳測定用電極ユニット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT