MIMO受信装置

開放特許情報番号
L2012003173
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2012/11/2

基本情報

出願番号 特願2008-203529
出願日 2008/8/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-041517
公開日 2010/2/18
登録番号 特許第5063523号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 MIMO受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 MIMO受信装置、空間フィルタリングと誤り訂正を組み合わせ、空間領域で多重された信号の分離及び検出を繰り返して行い、干渉を除去するMIMO受信技術
目的 干渉除去のための繰り返し処理のループ数が増えた場合であっても、デインタリーブ及び再インタリーブの処理によって遅延時間が増大することのないMIMO受信装置を提供する。
効果 デインタリーブ及び再インタリーブの処理によって遅延時間が増大することがなく、ハイビジョン映像等の高ビットレートの素材を途切れずに安定して伝送することが可能となる。
技術概要
受信装置201は、干渉除去のためのIDDループの繰り返し処理を、干渉レプリカ除去部56−1〜56−4、乗算部58−1〜58−4、加算部59−1,59−2、対数尤度比算出部60−1,60−2、LDPC復号部61−1,61−2、スイッチ部63−1,63−2及び干渉レプリカ生成部62−1,62−2により行う。また、デインタリーブ部55−1〜55−3による処理を、干渉除去のためのIDDループの外部で行う。これにより、IDDループの繰り返し回数が増えた場合であっても、それに伴ってデインタリーブ及び再インタリーブの処理の数が増えることはなく遅延時間が増大することがない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT