コンテンツ受信装置、コンテンツ受信プログラムおよび限定受信システム

開放特許情報番号
L2012003167
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2012/11/2

基本情報

出願番号 特願2009-218546
出願日 2009/9/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-296667
公開日 2009/12/17
登録番号 特許第4967005号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツ受信装置、コンテンツ受信プログラムおよび限定受信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コンテンツ受信装置、コンテンツ受信プログラムおよび限定受信システム
目的 スクランブルされたコンテンツをデスクランブルする際の効率を向上させ、デスクランブルする際の暗号鍵の管理を容易にし、コンテンツの著作権を保護できるコンテンツ受信装置、コンテンツ受信プログラムおよび限定受信システムを提供する。
効果 多重暗号コンテンツを受信側でデスクランブルする際にコンテンツ単位でされるので、従来のストリーム単位で行われる場合と比較してデスクランブルの効率が向上する。
復号後のコンテンツ鍵関連情報とコンテンツを識別するコンテンツ識別子とが、マスター鍵が設定されたセキュリティモジュールに記憶されるので、コンテンツ鍵の保護がなされ、ひいてはコンテンツの著作権の保護が行える。
技術概要
コンテンツを暗号化して送信するコンテンツ送信装置3と受信するコンテンツ受信装置5とからなり、コンテンツ送信装置3が、スクランブル鍵Ks、コンテンツ鍵Kc、ワーク鍵Kw、マスター鍵Kmを用いてコンテンツを暗号化するコンテンツスクランブル部7と、多重化して多重暗号コンテンツとして送出する多重化部9とを備え、コンテンツ受信装置5が多重暗号コンテンツを受信して分離する分離部13と、この分離部13で分離された暗号化された情報を復号してコンテンツを得るコンテンツデスクランブル部15とを備えた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT