利用者端末、利用者端末プログラム及び配信ツリーの接続切替方法

開放特許情報番号
L2012003159
開放特許情報登録日
2012/11/2
最新更新日
2012/11/2

基本情報

出願番号 特願2009-036279
出願日 2009/2/19
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-191746
公開日 2010/9/2
登録番号 特許第5022393号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 利用者端末、利用者端末プログラム及び配信ツリーの接続切替方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 利用者端末及びそのプログラム、配信ツリーの接続切替方法
目的 番組編成に従ってコンテンツの配信開始時刻に複数の利用者端末が一斉にコンテンツの配信ツリーの接続を切り替える際にも、配信ツリーの接続切替に係る制御メッセージを削減し、回線負荷および利用者端末の負荷を軽減する利用者端末及び配信ツリーの接続切替手法を提供する。
効果 利用者端末は、自端末の次の番組情報と接続先端末の次番組情報とが一致しない場合のみ配信ツリーの接続切替を行うため、配信ツリーの接続切替に伴う制御メッセージを削減することができ、回線負荷を低減できるとともに、利用者端末の負荷を軽減でき、安定して番組の切り替えを行うことができる。
回線負荷の増大を防ぐことができる。
技術概要
利用者端末4は、接続先切替判定手段12によって、自端末編成情報取得手段11で取得した自端末編成情報H↓Aの中の次番組のコンテンツ識別情報CID↓A↑(next)と、接続先端末編成情報取得手段19で取得した接続先端末編成情報H↓Bの中の次番組のコンテンツ識別情報CID↓B↑(next)とを比較して、双方のコンテンツ識別情報が一致しない場合に上流側の利用者端末である接続先端末4↓Bとの接続切替をすると判定し、利用者端末4は現在の接続先端末4↓Bとの接続を切断し、新たな接続先端末4↓Bに接続を切り替える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT